後見人の方へ

後見人様の「お見送り」を誠意を持って支援します

【死後事務処理の実態】

被後見人様の死亡により後見は終了するため、後見人様には葬儀や埋葬の義務はないとされています。しかし、現実問題として下記事由により、第三者後見人様が葬儀・埋葬をせざるを得ない状況も起こっています。

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な方々を保護し、支援する成年後見制度に基づき、不動産や預貯金などの財産管理や、介護や身のまわりの世話のために必要なサービス、施設入所の契約手続き、遺産分割の協議などを行うことが困難になった場合、親族や弁護士・司法書士などの専門家が、任意契約または家庭裁判所の選任のうえで後見人となります。

  • 相続人と連絡が取れない
  • 相続人から遺体の引き取りを拒否された
  • 相続人が高齢・遠方などの理由で、葬儀の事務を任された
  • 被後見人に身寄りがなく、病院から遺体の引き取りを催促されるが、行政に要請しても時間がかかり、埒が明かない
  • 死後事務委任契約により、葬儀や埋葬に関する事務を任された

加速する少子高齢化、家族制度の崩壊が叫ばれる昨今、このようなケースは一層増加していくと予測されます。

私たち永代供養墓友の会は、多忙な後見人様に代わって、被後見人様の「旅立ち」を見届け、永代に渡って供養させていただきたいと切に願っています。

【後見人のメリット】

後見人向けプランは既存の葬儀プランで対応。特に生前契約をすることで、死後事務処理の煩雑さをより解消できる。ご葬儀やご納骨への立会不要、当会スタッフが責任を持って見届け、提携寺院とご供養させていただく。

お忙しい後見人様に代わって、納骨までの一切をお引受いたします

後見人の方へ

後見人様が火葬や納骨にお立ち会いができない場合でも、当会が責任をもって対応いたします。

もしもの時はお電話一本で、ご搬送からご納骨までを一貫してご対応いたします。

葬儀とお墓がセットになった永代供養墓プランはこちら

後見人様のためのQ&A

被後見人が別の互助会に入会しているのですが…
互助会の掛け金には利息がつかず、それだけではご葬儀費用の一部にしかなりません。実際には追加の費用がかかります。また、互助会を解約すると高額な手数料が差し引かれ、20%前後の解約手数料がかかる場合もあるようです。 当会では互助会の解約のお手続きなどのご相談も承ってます。互助会をご解約いただき、生前予約された方には、解約手数料をご負担させていただきます。当会は入会金・年会費無料。ご葬儀のお見積は総額表示で、不明な追加費用は一切ございませんのでご安心ください。

お問い合わせ

▲トップへもどる

生活保護葬

生活保護葬のご案内

生活保護受給者の方のご葬儀も承ります。生活保護受給者の方は、市区町村より葬祭扶助(葬祭費)で葬儀費用の受給ができます。ですので、実際は自己負担無しで、ご葬儀が行えます。葬儀費用を受給するために必要な「役所手続き」も無料でお手伝いいたします。

自治体に、近隣の葬儀社が喰い込んでいるため、当会での施工は件数がほとんどないのが実情。自治体によって条件が異なる場合があるため、「あきらめずに、まずはご相談を」とし、大まかな説明のみで委細相談。

- 葬祭扶助(葬祭費)の支給対象 -

  • 死亡診断書作成料
  • 搬送料
  • 葬儀用品(棺、骨壷、消耗品など)
  • 火葬料金
  • ドライアイス代

葬儀費用0円 ご家族の負担は一切ありません。

※市区町村により異なる場合が有ります。必ず当社へご連絡の上、ご確認下さい。

生活保護葬の流れ

生活保護葬の流れ

生活保護葬に含まれているもの

生活保護葬の流れ02

お手続きについて

  • 生活保護を受けている旨を担当者にお伝えください。
  • 民生委員やケースワーカー、市区町村の福祉事務所へ葬儀費用を受給するための相談をいたします。

→その後の葬儀費用の受給申請手続きは、葬儀担当者が福祉課窓口で行いますのでご安心ください。

※ご注意※

葬儀(火葬)後では適応されない場合もありますので、必ず打ち合わせの時にお申し出下さい。

お問い合わせ

▲トップへもどる